弁護士費用も高い

国際離婚の場合には、相手が帰化して書類上国籍が同じになっていれば、日本人同士で結婚したときのように離婚することが可能です。このようなときには、日本の弁護士に依頼すれば問題はないでしょう。しかし、国際結婚をしている人の多くは帰化していません。そのため、離婚をするときにはかなり厄介になるのです。そこで国際弁護士に依頼して離婚の手続きを進めていくという人もたくさんいます。

しかし、国際弁護士というのは、一般的な弁護士に比べて費用が高くなっているのが一般的です。もちろん依頼する事務所や国によっても異なるのですが、相談料だけでも1万円前後必要になることも珍しくはありません。しかも海外での調査なども必要になるケースがあるので、相当費用が必要になるでしょう。日本の弁護士であれば、相談料などは無料になるケースもあります。

それに対して国際弁護士の場合には、相談料が無料になるケースもかなり少ないと言えるでしょう。それに加えて着手金と成功報酬が必要になるので、これだけでも一般的な弁護士の倍以上のお金が必要になることもあるのです。手続きもかなり厄介ですし、離婚が成立するまでの時間もかかってしまうので、やはり国際結婚はできる限りしない方がよいでしょう。