国で手続きが異なる

国際離婚の問題点は多々あるのですが、やはり国によって手続きの方法が異なるという点でしょう。日本は比較的離婚の手続きが簡単にできます。その理由は、外国よりも離婚率が低いからです。国によってはかなり面倒になっていることも多いのですが、このようなときには国際法律事務所などと銘打っている弁護士の事務所まで相談をするべきでしょう。

最近はインターネットも気軽に使用できるので、国際弁護士のいる事務所を探すことも簡単にできます。しかし、一般的な弁護士に比べてかなり数が少ないので、自分が住んでいる地域にないという場合も多いでしょう。そんなときにはメール相談がおすすめです。メールであればどこにいても相談することができるので、迷ったらまずは相談をしてみましょう。簡単な離婚手続きの方法を、ホームページに記載しているサイトもあります。

現在日本に住んでいるからと言って、必ずしも日本の法律通りに離婚できないのが国際離婚なので、どこの国の法律を適用するのかとても迷ってしまう人が多いでしょう。しかも結婚をした相手がハーフであった場合には、もっとややこしくなってしまいます。離婚後の親権問題や配偶者ビザなども厄介なので、このような点も弁護士に相談する必要があります。