多々ある問題点

国際結婚というのは問題だらけなのですが、それもそのはずで、国によって法律が異なっているのは知っているでしょう。しかも外国人が帰化していない場合も多いので、所属している国の法律が必ずしも適用できるとは限りません。国によっては日本の法律に口出しをしてくることもあります。だからこそ国際結婚を認めるべきではないのですが、実は問題点がたくさん存在しているのです。

まずは外国人と結婚をして、離婚をする方法を知らない人がたくさんいます。日本人同士であれば役場で手続きをすれば離婚できることを知っている人も多いでしょう。逆に結婚するときにも問題が多々あり、女性の性はどうなるのか、生まれた子供の国籍問題など、場合によってはトラブルに発展することもあります。しかも離婚時にはいろいろトラブルが発生します。

外国に別の配偶者がいる場合もあるでしょう。なぜなら自分の国では一夫多妻制である場合もあるからです。中には外国で行方が分からなくなった、外国に家族がたくさんいて、面倒を見きれないなど、トラブルは留まることがないと言えるでしょう。日本では国際弁護士の数も少ないので、頼りになる弁護士を見つけるのも難しいのです。やはり安易に外国人と結婚をするべきではありません。