国際離婚の方法

最近は国際結婚が頻繁に行われるようになり、どんどん純日本人の数が減少しています。日本人同士が結婚した場合、比較的離婚の手続きは簡単なので、慰謝料などの問題を除けば、それほど大変というわけではありません。しかし、国際結婚というのはお互いの国が異なっているので、離婚の方法も難しくなっているのです。特に多いのが、日本人女性と外国人との国際結婚なのですが、このような場合、日本に居座るパターンがとても多くなっています。

なぜなら日本は、日本人からは税金をたくさん取立てている反面、外国人に対してはこれでもかというぐらい優遇するからです。しかも伝統文化や風習などが異なっているので、うまくいかないケースも多いと言えるでしょう。本来であれば国際結婚は法律で禁止し、国の伝統文化を維持していくべきなのですが、最近はグローバル化によってどんどん増加傾向にあります。その結果、トラブルも多くなっていると言えるでしょう。国際結婚をした場合、離婚の手続きが厄介になるので弁護士の助けが必要です。

弁護士も日本国内であれば、日本の法律に基づいたアドバイスや対策しかできなくなるので、日本人同士の離婚であれば安心して任せられるのですが、相手が外国人となるとかなり難しくなります。しかも日本は外国に何も言えないというのが現状ですし、ハーグ条約に加入したことで、より複雑になってしまいました。当サイトでは国際結婚をした人が、スムーズに安心して離婚をする方法をアドバイスしています。